キタのキタまでやってキタ

道民四年生。次のステージを目指し動き始めました。

【実録】夜9時以降に食事をするとどうなるか?

先日、帰りが遅くなったせいで夕飯が夜9時を過ぎてしまった。

しかも、残りご飯を食べきってしまおうと山盛りのご飯で大盛カレーライスに。

「もう食べれない、、、」

という位の満腹感。

ここ最近の習慣(早寝)と仕事の疲れ(残業)と飲酒(500ml二本)から、食べて直ぐに横になってしまった。

そしてそのまま寝落ちと呼んでいいものか、朝まで眠ってしまった。

 

するとどうだろう?

 

夜更かしをした訳でもなく、しっかり食べて、しっかり飲んで、十分な睡眠をとったにも関わらず、身体がダルい。

昨日の疲れが残っている感じ。

確かに日中の仕事はキツかったが、身体に疲れが残っている。

 

これというのが

「夜9時以降に食事をしてはいけない」

と言われる要因。

 

夜9時以降、つまり就寝前の1時間(もしくは2時間)は内臓を働かせて、睡眠中は内臓を休ませるようにということ。

睡眠中に胃に内容物があると、頭は眠っているが、内臓は働いているらしい。

内臓の働きというのは、結構な運動量になるらしく、朝起きても身体に疲れがある原因はここにある、ということだ。

 

まだ30代の頃、毎日帰りが夜9時を過ぎてしまって、はじめのうちは帰ってから食事をとっていたが、

「胃に内容物があると睡眠時も胃が働くから疲れは取れない」

という話を聞き、それ以来夜9時以降の食事を止めた。

すると、それからは身体の疲れも取れ、体力の回復していった。

このとき、夕飯は抜き、にはなるが、翌日の朝食はしっかり取った。

それ以来、朝食はしっかり取る習慣がついた。

 

このことは自分の体験として、夜9時以降に食事はしない、が習慣になっている。(あと朝食はしっかり取る。笑)

だから、太らないとか言われると、それはそうなのだが、、、。

ダイエットにも効果があるのだろうか?