キタのキタまでやってキタ

道民四年生。次のステージを目指し動き始めました。

雪が降るのを心待ちにしている

この季節、外務作業というのは身体の芯まで冷える。

例年なら気温も下がり、街は雪景色になっているところだが、いまだに雪が降らず雨が降っている。
毎日空を見上げては、早く雪が降らないかと心待ちにしている。
というのも、この時期の雨は雪以上に身体を冷やしてしまうからだ。

雪が降るようになると、当然、防寒着を羽織ることになる。
防寒着を羽織ることができれば、身体の冷えを抑えることができる。

しかし、雨が降るようであれば、合羽を羽織ることになる。
この時期は気温が低く、合羽では身体を冷やしてしまう上、一年、二年と着古していては撥水が効かず、雨が浸みてしまう。

そのため、実は霙(みぞれ)が一番、身体に堪える。
こんなに雪が降るのを心待ちにしているのも、近年にはなかったことだ。