キタのキタまでやってキタ

道民四年生。次のステージを目指し動き始めました。

バレットジャーナルをミニマムにしてみた

これまで何度もチャレンジしては挫折してきたバレットジャーナル。

バレットジャーナルはA5サイズくらいの手帳に最適とされ、持ち運ぶ必要はないし、一日のはじまりと終わりに使う方法で良いらしい。

しかし、持ち運ばないということは、出先で使うメモ帳が必要になり、空母ノートと戦闘機ノートの2つが必要になってしまう。(例えがあれだが)

数年前はほぼ日手帳で、プライベートとビジネスでいい意味での公私混同な使い方を目指したが、ビジネス寄りになってしまった上に1ページでは収まりきれない日が多々あり、結局は止めてしまった。

ジブン手帳をはじめ、他にもいくつか手帳が出てきているが、ほぼ日以降は試していない。

 

この2、3年でバレットジャーナルが話題になることも多く、実は何度か試してきた。

結果、月を跨いだときに止めてしまうことが多かった。

理由は、、、よく分からない。笑

 

今はビジネスではメモ帳をメインに使っている。

lucino2332.hateblo.jp

プライベート用のパスポートメモをToDo、メモとして使っていたのだが、何かこう良い使い方がないものかと日々悶々としていた。

そんな中、パレットジャーナルのミニマムにするアイデアを見つけた。

muyatan.hatenablog.com

無印用品のパスポートメモの使い方を悩んでいたボクに朗報。

しかも何度となく挫折したバレットジャーナルのミニマムが初心者にオススメともある。

これはやってみるしかないでしょう。

 

今日からバレットジャーナル再開です。

 

Facebookはやらない

普段、スマホで常用しているアプリといえば、Line、Twitter2chまとめ、ニュース、YouTube、Dlifeなど。

以前まで、いや昨年まではゲームもいくつかやっていたが、年越しを期に止めてしまった。

ポケモンGOもサービス開始当初からやっていたが、スマホのバッテリーの消費がムダに思って止めた。

 

外出時は、家族・友人とのコミュニケーション用にLine、面白いこと探しにTwitter2chまとめ、ニュースなんかで使うくらい。

それだけしか使わなければ、当然バッテリーの消費は軽減する。

帰宅後は、YouTube、Dlifeなんかで動画や海外ドラマを楽しんでいる。

 

バッテリー自体の寿命を持たせるよう、スマホの充電中は使用を避けている。

効果のほどは分からないが、今のスマホにしてもうすぐ二年になるが、バッテリーはすこぶる快調。

二年縛りが解ける今秋、機種変かMNPかとワイフと話しているところだ。

 

さて、本題の「Facebookはやらない」だが、そのタイトル通りFacebookはやっていない。

やっていないというか実際は止めた。

ボクのFacebookの友だちは、当然ながら顔見知りばかり。

友人、新たに知り合いになった人とFacebookでつながり、いろんな人と友だち登録してきたが、そんな中にも苦手な人、ウザい人がいる訳で。

そういう人たちだけを友だちから削除するという行為が自分自身許せなくて、だったらFacebookは止めてしまおうと思った。

実はTwitterのアカウントも以前使っていたアカウントも知り合いが多く、Facebook同様止めてしまった。

それにInstagramもしかり。

 

今使っているアカウント(

イナバテツ (@lucino2332) | Twitter

)は、新規に登録したもので、フォロー&フォロワーに知り合いはいない。

 

そう、自分の中で一種のSNS離れが起きた。

自分がツイートすると知り合いが反応する、知り合いのツイートを見ると顔が浮かぶ、など煩わしく感じてしまった。

Twitterがまだ世間に知れ渡っていない頃、フォロワーとのつながりが希薄だった。

自分のツイートは自分だけのもの、誰もボクのツイートには反応しない。

そんな中、見知らぬ誰かがボクのツイートに反応してくれたときはすごくワクワクした。

フォロワーに知り合いがいると、反応するのは知り合いがほとんど。

見知らぬ誰かの反応のワクワクより、知り合いの反応がウザく感じてしまってのことだ。

 

以前から、Twitterはネガティブ、Facebookはポジティブと言われてきた。

それに”いいね”をもらうために美味しいものを食べに出かけたり、遠くまで出かけたり、話題のスポットに出かけたり。

最近はその傾向はInstagramに変わってしまったらしいが。

SNSを使って自慢話をしたい訳でもないし、誰かに構って欲しくてツイートする訳でもないし、ただただライフログとしてSNSというかミニブログを楽しみたいと思っている。

 

追記

 

ときどき、Lineのタイムラインに投稿している友だちがいる。

Lineというコミュニケーションツールでそれやられると、友だちのリンクを切るに切れない。笑

あれだけは勘弁してほしい。

 

【実録】夜9時以降に食事をするとどうなるか?

先日、帰りが遅くなったせいで夕飯が夜9時を過ぎてしまった。

しかも、残りご飯を食べきってしまおうと山盛りのご飯で大盛カレーライスに。

「もう食べれない、、、」

という位の満腹感。

ここ最近の習慣(早寝)と仕事の疲れ(残業)と飲酒(500ml二本)から、食べて直ぐに横になってしまった。

そしてそのまま寝落ちと呼んでいいものか、朝まで眠ってしまった。

 

するとどうだろう?

 

夜更かしをした訳でもなく、しっかり食べて、しっかり飲んで、十分な睡眠をとったにも関わらず、身体がダルい。

昨日の疲れが残っている感じ。

確かに日中の仕事はキツかったが、身体に疲れが残っている。

 

これというのが

「夜9時以降に食事をしてはいけない」

と言われる要因。

 

夜9時以降、つまり就寝前の1時間(もしくは2時間)は内臓を働かせて、睡眠中は内臓を休ませるようにということ。

睡眠中に胃に内容物があると、頭は眠っているが、内臓は働いているらしい。

内臓の働きというのは、結構な運動量になるらしく、朝起きても身体に疲れがある原因はここにある、ということだ。

 

まだ30代の頃、毎日帰りが夜9時を過ぎてしまって、はじめのうちは帰ってから食事をとっていたが、

「胃に内容物があると睡眠時も胃が働くから疲れは取れない」

という話を聞き、それ以来夜9時以降の食事を止めた。

すると、それからは身体の疲れも取れ、体力の回復していった。

このとき、夕飯は抜き、にはなるが、翌日の朝食はしっかり取った。

それ以来、朝食はしっかり取る習慣がついた。

 

このことは自分の体験として、夜9時以降に食事はしない、が習慣になっている。(あと朝食はしっかり取る。笑)

だから、太らないとか言われると、それはそうなのだが、、、。

ダイエットにも効果があるのだろうか?

 

【実践】二日酔いを防ぐには十分な睡眠が必要

この一週間、ワイフが長期連休を使って遠方の子供らのところに遊びに出かけていた。

実は急なイベントであり、ボクの方はというと独り留守を与った訳だ。

 

出発前、運良く給料日前だったことから、食材、日用品の不足を購入。

ボク自身の移動手段が自転車のため、買い物の荷物に限界があるためだ。

 

ワイフが発った後、酒類を買っていないことに気がついた。

この機会に休肝ウィークにしてしまうというプランもあったが、あえなく断念。

毎日暑い日が続いたせいもあって、身体が欲しがるためだ。笑

 

仕事帰りにコンビニに寄って二本ずつ買って帰る、という生活を続けた。

このところの仕事は順調で毎日18時には帰宅、シャワーして19時前から一本目を開け、二本目を飲み終わる頃にはまだ21時前。

物足りない感じはしたが、500ml缶を二本飲むと結構いい感じに酔いは回っている。

もう一本飲むも良し、ここで止めるも良しといった感じだ。

ただ、これ以上飲むものはストックしていないので、ここで終了となる。

 

後片付けを終え横になると、そのまま眠りについてしまう。

眠りについたのは22時か、それとも23時か。

気がつくと、もう翌朝5時。

夜中に一度トイレに起きたせいか、朝起きても尿意はない。

目覚めも快適で、アラームで”パッ”と目を覚まし、すぐに行動に移れる。

十分睡眠をとったせいで、朝はスッキリとした頭で新たな一日を迎えられる。

 

とまあ、ここまでは快調だったときの話。

 

たまたま昨日は月末ということもあり、帰宅が二時間ほど遅くなってしまった。

つまり飲みはじめも二時間遅れ、就寝も二時間遅れ。

ただ、翌朝の起床は定刻5時。

そうなると身体が適応できない。

アラームを止めるのに苦労し、身体を起こすのにも苦労。

ようやく動きはじめても、何だかボーッとした感じがする。

もう少し寝ていたい、、、という想いに。

これが二日酔いだ。

 

ただ、500ml缶二本程度だから血中アルコール度数がどの程度になっているのか分からないが、これまでの経験から二日酔いと呼ぶほどではないと思う。

幸い車通勤ではないので、仕事をはじめる時間までには正常に戻っている(だろう)。

 

ということがあった。

昔から二日酔いの予防には十分な睡眠!と周りに訴えてきていたのだが、500ml缶二本程度でプチ二日酔いになるとは、自分も酒に弱くなったものだ。

ていうか、疲れなのか、老いなのか。笑

 

【新規購入】トラベル用ウォレット

プライベートで長財布を持っているのだが、仕事柄外務が多く長財布を持ち歩くのは邪魔になる。

そこで必要最小限の免許証、保険証、プリカ、少々の現金が入る程度の財布を探していた。

100均で探してみたが見つからず、アマゾンでいくつかリストアップしていたのだが、何せ現物を手に取ってみることも出来ないので躊躇していた。

 

たまたま無印良品で見つけてしまった、 トラベル用ウォレット。

 

f:id:lucino2332:20170728090836j:image

 

価格も1000円と安い。

アマゾンだとこの手のウォレットは1500~2500円だったろうか。

 

昔から財布に大金をかけるのはちょっとな、と思うところがあり

「財布買ったせいで中身(現金)がないよ。」

を若い頃に経験したもので少しでも安いものを選んでしまう。笑

 

作りは至ってシンプル。

このあたりはやはり無印良品、これでいいんだよ、これで。

 

f:id:lucino2332:20170728090845j:image

 

キーチェーン用のリングもあって助かる。

以前、外務中に免許証を入れたカードケースを紛失したことがあり、それ以来外務中はストラップをつけている。

ちなみに、紛失したカードケースは落し物として交番に届けられて事なきを得たが。

 

そう、

「親切な人もいるんだな、この街にも」

と思ったものだ。

自分の身の回りには「いい人」は数えるほどしかいない、、、と思うんだよね。

余談だけど。

 

【新規購入】パスポートサイズシンプル糸綴じメモ帳無地 2冊セット

 ダイソーでまた新しいメモ帳を発見、即購入。

「パスポートサイズシンプル糸綴じメモ帳無地 2冊セット」

 

f:id:lucino2332:20170727085545j:imagef:id:lucino2332:20170727085703j:image

 

2冊セットというところはダイソーらしい。

以前から無印良品セブンイレブンで購入したパスポートサイズのメモ帳を使用していたが、後発の製品、かつ安価な製品としては2冊セットは当然か。

 

lucino2332.hateblo.jp

メモ自体は無印良品がドット方眼、セブンイレブンが方眼、ダイソーが無地ということで使い方が変わってくる。

無地に向いた使用方法としてイラストなんかをパパッと描いたりするのには良いかも。

ただ、イラストなんかを描いたりすることもなくなった今日この頃ではあるが。

 

残念なのは作りが雑。笑

この通り、糸綴じ部分がきっちり折り目になっていない。

 

f:id:lucino2332:20170727085934j:image

 

これも安価な製品、2冊セットと考えたら納得せざるをえないところか。

 

ウルトラマンジードを観て感じたこと

大人になった今でも特撮は好んでよく観る。

ウルトラマン仮面ライダー、戦隊ヒーロー。

しかし、仕事柄リアルタイムで観ることが出来ない、かつ録画プレイヤーも持っていないため、観れるものは観る、というスタンスに変わってしまったが。

 

今クールから「ウルトラマンジード」(以下、ジード)がはじまった。

 

www.youtube.com

先の「ウルトラマンオーヴ」(以下、オーヴ)は初回から最終回まで観たが、実のところ終わり方が微妙だった。

てっきりウルトラマンシリーズって、仮面ライダー同様年間を通して放送するものと思っていたので、

「ラスボス倒しちゃって、このあとの展開は?え?終わり!?」

そんな印象で非常に残念だった。

 

そのオーヴは、

オーブリングに歴代ウルトラマンの力を宿したウルトラフュージョンカードを2枚使用することで、特性の違う様々な姿にフュージョンアップするヒーロー。

 先代のウルトラマンらの力を借りてオーヴという実体になる。

のちに、

本作品の主役キャラクター・ウルトラマンオーブは、歴代ウルトラマン2人の力を宿した形態への変身(フュージョンアップ)を行うことが最大の特徴である。企画当初は単に2人のウルトラマンが合体するだけであったが、作品の独自性を出すために素体となる存在(オーブオリジン)が設定され、物語も「本来の自分を取り戻す」というテーマが据えられた。

ということで当初思っていた、

「先代のウルトラマンの力を借りられないウルトラマンて、ウルトラの星では実体がないんじゃないの?」

は解消された訳だ。

(引用元:ウルトラマンオーブ - Wikipedia

 

 

今回のジードも

朝倉リクがジードライザーウルトラカプセルを用いてフュージョンライズ(変身)する次世代ウルトラ戦士。

であり、

2本のウルトラカプセルをジードライザーでスキャンして変身する。

ということで、オーヴと同じタイプ。

(引用元:ウルトラマンジード - Wikipedia

 

先代のウルトラマンの力を借りてという設定が納得いかない。

ガチガチのパワードスーツ感のある形態も非常に違和感を感じる。

(スポンサー殿の玩具の売上のために仕方ないのかもしれないが)

 

今回不可解と思うのは、

物語は、ウルトラマンベリアルが超時空消滅爆弾を起動し宇宙そのものを崩壊させた直後、ウルトラマンキングによって再生されたところから始まる。その記憶はクライシス・インパクという都市伝説として広まっていた。

人々の記憶の中に、ベリアルの記憶があるのにその他のウルトラマンの記憶がないのはどういう訳か。

ウルトラマンキングの再生能力がベリアルの記憶も誤って再生させてしまったか、それともウルトラマンの記憶を再生し損ねたかだ。

(ジードは第二話時点で人々から「光の巨人」と呼ばれている)

 

怪獣カプセルで怪獣が出現するとかいう設定もあり、オーヴ同様に観ていてストレスの溜まる作品ではある。笑

そう思いながら観てしまうのはやっぱり特撮が好きなんだろうなと思う。

 

P.S.ウルトラマンシリーズはテレビ放送後にYouTubeで流してくれるが、仮面ライダーシリーズ、戦隊ヒーローもテレビ放送後にYouTubeで流してくれないかな。

そう感じているのはボクだけではないはず。

 

www.youtube.com

www.youtube.com